止まらないネット誹謗中傷!もしあなたが誹謗されたら?

admin

ネット誹謗中傷に対する認識の甘さ

ネット誹謗中傷は問題ですね。誹謗中傷で傷ついて自殺するというケースもあります。誹謗中傷に対する認識がまだまだ甘い人が多いように思います。人の心を傷つけることは名誉毀損罪等になることもありますが、それ以前に自分が同じようにされたら、、という想像力が不足していることが多くの人の問題なのではないかと思います。軽い気持ちで人を批判する人もいますが、それがそのまま人を傷つけることにもなりますし、ちょっとした批判が発展してしまうこともあります。

誹謗中傷されるべきでない人にすることが多い

ネットで誹謗中傷したい人の持ちも凄く解ります。言いたいことを言うことでストレスも発散されるでしょう。ですが、問題は誹謗中傷の的になっている人に誠実さがある場合です。誠実に一生懸命に生きている人に対して、誹謗中傷がなされることもあります。そういうことは意外に多いですよね。その場合、誹謗中傷された本人は特に大きな傷を受けることになるでしょう。そうならないために、よく解っていな事や内情を知らない場合に軽い気持ちで批判を書き込まないことが大切ではないでしょうか。

誹謗中傷に対するもう少し深い認識

軽い気持ちで誹謗中傷しないことです。名誉毀損罪になることもあります。ネットでは匿名で書き込めるから大丈夫と考えているとしたら、それは大きな間違いです。IPアドレスによって住所等は通常は特定できませんが、その個人情報を預かっているプロバイダーに法的に情報の開示が要求されれば、プロバイダー側は協力する義務ができています。軽い気持ちではなく、もし訴えられたら簡単に捕まってしまうということも理解しておく必要があります。そして何より、ネットの誹謗中傷が犯罪に繋がるほど悪いことであるという認識も必要ですよね。

ネット誹謗中傷とはよくききますが、インターネットの匿名性が責任を薄れさせ、より過激なものへ変化してしまうのです。