ポスターを作る!デザインを工夫する方法3選

admin

文字を工夫してみよう

ポスターのデザインを工夫する方法の一つとして挙げられるのが文字に関する工夫です。文字の大きさを変えるだけでポスターの与える印象は大きく異なります。フォントを変えてみるのも良いでしょう。柔らかいフォントを使えば、温かさを与えられたり、可愛らしいデザインが出来上がります。対して硬いフォントを選んでみれば、真面目な印象を与えることができたり、格好の良いデザインに仕上がる傾向が強いです。また記憶に残りやすい言い回しを使うことも有効です。

ポスターに出来た隙間を上手く利用する

ポスターのデザインにはホワイトスペースと呼ばれるものがあります。ホワイトスペースとはポスターに出来た隙間のことを指しています。このホワイトスペースに文字を打ち込んだり、写真を添付したりというような方法を使うことでポスターの印象を変えることができます。空間の扱い方によっては伝えたい言葉を目立たせることができますし、オシャレなポスターだという印象を見る人に与えられる効果もあるので、上手く利用していきましょう。

写真の切り取り方で印象が変わる

ポスターをデザインするときに写真を使う場面があります。写真を扱うことで言葉の意味を深められるという強みがあるからです。この写真の扱い方によっても、ポスターの印象は変化していきます。例えばケーキの写真を扱う場合に、真ん中にケーキが見えるようにするか、それとも片側にケーキを寄せて使うかによっても与える印象が変わるものなのです。つまり写真をどのように切り取って、ポスターに使用するかはデザインを良いものにできるかの重要なポイントになるでしょう。

インターネット上からでも、格安コピー印刷の発注ができます。少部数からでも発注可能なサイトもあり、法人だけではなく個人でも利用にもたいへん便利です。