安定したネサーバー運用のためのネットワーク監視!

admin

ネットワーク障害による損失!

大規模なネットワークはもちろんのこと、会社や個人経営のお店など比較的小規模のネットワークにおいても、機器のトラブルが大きな損失になることがあります。例えば、自社製品をネットで販売している場合、夜間サーバーがダウンして貴重な注文を逃してしまったらどうでしょう。注文を逃すだけでなく、会社の信用を失うということに繋がりかねません。また、メールシステムに不具合があり、迅速な連絡が滞ってしまったら、スピーディーな事業展開なんてできませんよね。普段から安定したネットワーク運用を行うのは大変大切なことです。

ネットワーク監視技術で状態をモニター!

安定したネットワーク運用に欠かせないのが適切な監視作業です。サーバーがダウンした際にいち早く警告をネットワーク担当者に送ることができれば、早急なサーバーの再開が可能になります。ネットワーク監視は人手で行うのではなく、システムによる自動運用が基本です。幸い、現代ではネットワーク監視技術も進歩し、かなり迅速な対応が可能になっています。システムに異常が起こっている時間が短ければ短いほど損失は少なくなるので、是非しっかりしたシステムを導入しておきたいものです。

ネットワーク監視で行う作業内容!

具体的なネットワークの監視の作業内容として、先ず第一に機器自体が適切に稼動しているかどうかのハードウェア監視が挙げられます。サーバーの物理的な状態をモニターする作業ですね。ハードウェアが適切に動いている場合、サーバー上のプログラムが正しく運用されているかどうかのプロトコル監視が重要になります。その他にも、ネットワーク上で情報が円滑にやり取りされているかどうかのトラフィック管理などもネットワーク監視では必須の項目でしょう。以上の様な点が正しく監視されていれば、安定したネットワーク運用を行えるとされています。

フロー監視は、コンピュータのソフトを活用することで、作業の取り組み方についてじっくりと把握できることが特徴です。